腸閉塞と賃貸アパートと日々生活

在宅ワークでゆるく働きながら、家庭菜園を楽しむ1児の母。腸閉塞になりやすいです。

MENU

姿勢を良くする方法を考える

おはようございます。

 

突然ですが、今背中が丸くなっていませんか?

姿勢を良くしたいと思っているのに

なかなか良くならない。

私は長いこと猫背に悩んでいます。

 

実は私、クラシックバレエをかれこれ

30年近く習っています。にもかかわらず、

とても姿勢が悪いのです。笑

 

f:id:nani7:20190127082913j:image

 

バレエのレッスンの時だけ姿勢が良く、

終わるとすぐに丸くなってしまいます。

小学生の頃、姿勢が良すぎてバカにされた

のが原因で人前で歩く時は意識して

猫背にしていたらそのまま習慣になって

しまったのでした。

 

しかしだんだん体の衰えを感じる年齢になって

きて、今年こそこの猫背をなんとかして、

本物のバレリーナのような美しい姿勢を

手に入れたい!!と思い、

この本を読んで改めて「姿勢」について

真剣に考えてみたのでした。

 

カラダが変わる! 姿勢の科学 (ちくま新書)

カラダが変わる! 姿勢の科学 (ちくま新書)

 

 

 

姿勢について

今の生活はスマホやパソコンを見たりと、

つい背中が丸くなります。

気づくとディスプレイにかじりついている

こともしばしば。

f:id:nani7:20190127071852j:image

 

私は長年のディスクワークから

いつも前かがみになっており、

肩凝りが酷く悩んでいました。

 

こんな矯正サポーターを購入したにも

かかわらず、肩が痛くなってきて

長くは続きませんでした。泣

f:id:nani7:20190126190545j:image

 

以前勤めていた会社の先輩は、

いつも姿勢が正しく、涼しい顔をして

パソコンを使ってました。

先輩は歩く時も座っている時も休憩時間も

常に姿勢が正しくて美しく憧れの存在でも

ありました。どうしてそんなに姿勢が

いいのかを聞いたことがあったのですが、

「もう習慣になってるからわからない」

との答えでした。

 

何事も習慣になれば強いなと羨ましく

思いながらもなかなか真似できませんでした。

 

姿勢が悪いことのデメリット

  • 見た目が悪い

背中が丸いと老けているように見えます。

やる気がなく自信がないようにも見られること

もあります。オシャレな服を着ても台無しですよね。

 

  • 体が痛くなる

肩こり、腰痛などの不調が現れやすいです。

私の場合は長いこと肩こりが酷く、

治らなかったのでなんとかしなければと

強く感じました。

 

姿勢がいいことのメリット

  • 見た目が良くなる

姿勢がいい人は前向きで若々しく見えます。

女性だと美しく、男性だと紳士にも見えます。

ただ姿勢が良くなるだけで、

印象が大きく変わるなんてお得ですよね。

f:id:nani7:20190127071655j:image

 

  • 気持ちが前向きになる

姿勢を意識するだけで気持ちも変化します。

心と体は繋がっているため、

体が変われば心も変化するという仕組みです。

姿勢が正しいと心も安定します。

心が安定していることで、

考えも前向きになり行動も前向きになるという

好循環が生まれます。

 

姿勢を維持する体幹を鍛えられるので、

代謝が良くなり痩せやすいからだが作れます。

 

なぜ姿勢が悪くなるのか

姿勢が悪いのは背中が丸まっているからだと

思っていました。しかし姿勢を維持するのは、

骨盤の傾きが大きく関係しています。

 

大腰筋とよばれる筋肉が姿勢維持の要となっており、大腰筋が衰えると猫背気味になって腰や背骨に負担がかかり、骨盤が歪んで腰痛や肩こりなどの要因になります。

引用:カラダが変わる!姿勢の科学 

 

骨盤が後ろに傾くと背中がうしろに傾く

いわゆる猫背の状態になります。

また骨盤が前に傾くと今度は腰に負担がかかり

つんのめったような姿勢になります。

 

その骨盤の傾きを調節するのが

インナーマッスル大腰筋」と呼ばれる

筋肉なんですね。

 

二本の足で立つことは絶妙なバランスで

行われているため、腰の傾きによって

上半身の形が決まってくるそうです。

二足歩行のロボットを作るのが難しいのも

納得がいきますよね。

 

姿勢を正すためには、まず普段から

骨盤が傾かないように意識すること

重要であると言えます。

 

正しい傾きを維持するためにも

インナーマッスルである「大腰筋」の強化も

していきたいですよね。

 

姿勢が良くなる方法

骨盤が傾かないように意識する

  • 椅子に座る時は、座骨を垂直に正して骨盤が傾かないように座る。背もたれがある場合は椅子に深く座ると自然とまっすぐな姿勢になる。

 

  • 立った姿勢の場合は、息を吐き切った時に意識できる「丹田(たんでん)」と呼ばれる場所を意識する。そこを意識して姿勢を正すことで骨盤が安定し良い姿勢になる。

 

肩甲骨、肩、アゴの位置に注意する

  • パソコンなどを見る時は、前かがみにならないように肩甲骨、肩は下げて力を抜き、アゴはひく。
  • 30分に1回は手を後ろで組んでストレッチをし、肩の周りを動かす。

 

姿勢を維持する筋肉をつける

 

ドローインを行う

ドローインを用いたトレーニングをくり返しおこなうことで 、普段あまり意識していなくても 、おへそをグッと引っ込めて 、体幹を安定させるような習慣がつくのではないかと考えられます 。

引用:カラダが変わる!姿勢の科学

 

ドローインとは、息を吐き切った状態のまま呼吸をすることです。インターネットで検索するとやり方がたくさん出てきますが20〜30秒程行い、1週間程度続けることで姿勢が良くなってくるそうです。

やってみるとわかるのですが、下腹部に力が入り結構苦しいです。しかし確かに腰を支える筋肉を使えている気がします。

 

ドローインの方法
  1. 大きく息を吸っておなかを膨らませる。
  2. 息を吐き切っておなかを凹ませる。
  3. おなかを凹ましたまま自然な呼吸を20〜30秒続ける。

 

まとめ

ドローインを初めてまだ2週間くらいですが、

骨盤の傾きを意識できるようになり、

正し姿勢に戻せる頻度が多くなりました。

姿勢が正しいと心も安定すると言われるのも

もっともだなぁと感じました。

仕事の際も冷静な判断ができている気がします。

 

ちなみに、著者はバレエダンサーは

体幹が鍛えられているから姿勢が正しいと

言っていましたが、ここに姿勢の悪いバレエダ

ンサーがいます。(未熟なだけと言われると反論

できませんが。泣)

 

レーニングも大切ですが、日々の姿勢についてどれだけ「意識」できているかが、正しい姿勢を習慣化できるポイントになります。3週間継続すると習慣化されやすいと言われているので、まずは継続してみたいと思います。

 

何事も「意識し継続する」ことが大切ですね。