腸閉塞と賃貸アパートと日々生活

在宅ワークでゆるく働きながら、家庭菜園を楽しむ1児の母。腸閉塞になりやすいです。

MENU

子供にとっていいおもちゃとは何か

おはようございます。

我が家はふと気づくと、大量のもらい物のおもちゃや、お菓子のオマケなどで溢れかえっています。そして部屋を歩くと何かしらのおもちゃを踏んで痛い思いをします。

うちにたまっていくおもちゃを見ながら、ため息混じりにおもちゃについてよく考えます。

子供にとっていいおもちゃとは何だろう。

 今日は痛い足を引きずりながらおもちゃについて真剣に考えてみました。

 

f:id:nani7:20190129131032j:plain



おもちゃ

おもちゃ屋さんに行くと、たくさんのおもちゃが売られています。今は対象年齢がしっかりと書いてあるのでわかりやすいですよね。

小さい頃はぬいぐるみで遊ぶと笑ってくれたので、笑顔が嬉しくで色々なぬいぐるみを買いました。そのうちアンパンマンが好きになり、アンパンマンの車やボールを買いました。そして今はトミカの車が好きなのでどんどん増えておりコレクターのようになっています。

私の周りでは、男の子は大体同じような好みになっており、アンパンマンに始まり、トーマス→プラレールトミカ→レンジャー系に移行している子どもが多いです。しかし男の子がなぜかみんなこの流れって変じゃないかぁなと思っています。全てのキャラクターにおもちゃがたくさん用意されていてあまりに商業的すぎるように感じます。

 

子どもは光ったり音が出るものなど電池で動くおもちゃに子供は強く興味を示します。しかしそういったおもちゃを買い与えても、買ってすぐはたくさん遊ぶのですが1週間くらいで飽きてその後あまり遊ばなくなるのです。

子供は見た目で全て判断してしまうので、おもちゃ屋さんに行くと大変なことになります。最近のおもちゃ屋さんは自由に触れるおもちゃがたくさん置いてあるので、あっちにこっちにうろうろして帰ろうとしなくなります。そして最終的には本人も一体何が欲しいのかわからないこともしばしは。

子供が好きな強い刺激のあるおもちゃがいいおもちゃなのか?おそらくそんなことはないと思います。ではいいおもちゃとはなんなのでしょうか。

 

いいおもちゃとは

いいおもちゃとはズバリ、創造的な遊びができるものだと思います。

例えば電車の形のおもちゃではなく、電車をイメージして作れるブロックや積み木などです。

我が家にはブロックや積み木があります。おもちゃ屋でほしいといって買ったものではなかったのですが、買って2年近く経った今でも頻繁に遊びに使っており、線路になったり道路になったり時には電車や車になったりします。しかもすごい集中力で黙々と1時間ぐらい積み木を積んでいることがあります。一方音が鳴る電車は部屋の隅っこに置き去りになっています。

f:id:nani7:20190129133448j:plain

子供作:船

 

なぜ創造的な遊びが大切なのか

たかが「おもちゃ」で大げさに思うかもしれませんが、子供は遊ぶことが仕事なので、おもちゃは成長にとても重要な要素となります。

自分の頭で考えて創造的に、そして自由に遊べることが、将来自分が好きなことにまっすぐ突き進んでいく力になると思います。そして好きなことをやり続けることは人生の生きがいでもあります。

音や形などが決まっているおもちゃは、作った人が意図した遊び方しかできません。それ以上創造の余地がないためです。しかし積み木などは自分の世界を無限に作れます。創造的に遊べるおもちゃで遊ぶことで子どもの集中力を高めることにも繋がっています。

おもちゃの色彩について

おもちゃの色についても考えてみました。

こちらの本では色彩は人間の心理と大きく関係しているため、原色を避けることを勧めています。

カラフルな色彩に慣らされて、それがないと物足りなくなってしまうことです。そうなると色彩の微妙なニュアンスや調和に対しての感性が鈍くなってしまいます。 

引用:子どもの目が輝くとき 著者:和久洋三

 子どもには色彩を通して季節の移り変わりなどを敏感に感じてもらいたいと思っています。微妙な色合いはおもちゃではなかなか表現はできませんが、なるべく目に優しく穏やかな色彩のものを選びたいです。


とはいえ増えていくおもちゃ

f:id:nani7:20190129134042j:plain

トミカたち

そんな思いとは関係なく、とにかくおもちゃが増えていきます。友人からの頂き物やおみやげ、子どもがどうしても欲しいと言ったおもちゃなどが大量にあります。笑 うちの子供は乗り物好きなので車が増えていきます。正直もう増えてしまうのは仕方がないとあきらめていますが、なるべく電池のないおもちゃを選ぶようにしています。この写真では、積み木が駐車場となっていますが、うまく積み木などと一緒に遊べるといいなぁと思っています。

 

自作のおもちゃ

f:id:nani7:20190129135800j:plain

トミカライダー変身ベルト

子どもが変身ベルトが欲しいというので悩んだ末作った力作です。

段ボールで作ったベルトでも大満足の子ども。作って良かったです。

ちなみにこのベルトは家族全員分作ってあるので、みんなで変身して戦うことになります。

 

f:id:nani7:20190129141640j:plain

またトラックの荷物は松ぼっくりにしたり、木の実や花びらにして楽しんでいます。こういったものは公園で一緒に取ってきたものなので、愛着もわいています。部屋は汚れますがまあ良しとしています。笑

今後のおもちゃとの付き合い方

おもちゃについては創造的な遊びができるおもちゃを中心として自作のおもちゃも取り入れていきたいと思っています。おもちゃを購入する際も刺激的すぎないおもちゃを選ぶようにして、子供にとって穏やかで集中できる環境を作っていきたいです。

きっと年齢とともに考えも変化していくとは思いますが、今の思いを原点として子供も親も成長していきたいです。

 


子どもの目が輝くとき