腸閉塞と賃貸アパートと日々生活

在宅ワークでゆるく働きながら、家庭菜園を楽しむ1児の母。腸閉塞になりやすいです。

MENU

在宅ワークをしたら畑を耕すようになった!

 こんにちは!

在宅ワークをしていると、家の中では仕事モードになってしまい、オンとオフの切り替えがどうしてもうまくできません。部屋に一人でいると仕事のことを考えてしまったりパソコンでつい仕事のメールをチェックしてしまいます。また電話で嫌なことを言われるとそのまま家の中で悶々としていました。孤独感もあり憧れていた在宅ワークがだんだん辛く感じてきました。

このままじゃいけない!!

いろいろと悩んだ末、畑を借りてみました!念願の家庭菜園!とはいっても町の中なので12㎡の小さな菜園です。ちょうどうちの近所に貸農園の募集があったのはラッキーでした。

 

なぜ畑なのか!?

時間に融通が利く

在宅ワークも畑もどちらも時間に融通がきくという点でいい組み合わせだと思います。畑はどうしても今日水をやらないといけない!とか、今日植えないと枯れてしまう!ということはないので、在宅ワークの合間にできたスキマ時間に、気晴らしに外に出て野菜の様子を見に行けます。

家庭菜園の憧れ

スローライフに憧れる現代人なので昔から自分で野菜を育ててみたかったのです。都心に生まれ、スーパーでしか野菜を見たことがない。小さなベランダではなかなか野菜がうまく育たない。いつか庭で家庭菜園をしてみたいなぁと思っていたんですが、ちょうど近くに貸し農園があったので思ったより早く畑を耕す楽しみができました。子どもと一緒に耕したり収穫も楽しめるので一石二鳥です。 

孤独感が緩和される

畑に行くと誰かが作業していたりします。私の借りた畑でも行くと近所の方がせっせと手入れをしています。そういった方と野菜について熱く語ると気分がすっきりとして家に帰っても集中して在宅ワークを続けることができます。

 初めて畑を耕す

 ねこじゃらしだらけの畑。しかしねこじゃらしが大きく育つのは、いい土とのことです。こんなボーボーに生い茂る土を畑にすることなんてできるのか不安も大きかったです。でもできるもんですね。

f:id:nani7:20181006102709j:plain

 生まれて初めて耕運機というものを使い4畝作りました。結構重たく、進みたい方向に進めるのが難しかったです。畑の管理者の人に教えてもらいながらなんとか耕すことに成功!

ちなみに耕運機は鍋で使うガスボンベで動くことがわかりびっくり!

ガスボンベで機械って動いちゃうんですねぇ~。

f:id:nani7:20181006102848j:plain

畝を作る

4畝というのは連作障害にならないようにするためにお勧めだそうです。連作障害とは、同じ場所に連続で同じ科の植物を植えると育ちにくくなること。例えばナス科はナスだけでなく、じゃがいもやトマトなどもナス科なので秋にじゃがいもを植えたら、次はトマトやナスはダメ!みたいな感じです。病原菌が発生しやすい土になり野菜がうまく育たないことがあるそうです。意外と難しいですねぇ。

 今後の畑の予定

10月から始めたので、秋冬野菜を植える予定です超初心者でベランダ菜園しかしたことがないので、ちゃんと育つか非常に不安です。でもまずは、とにかく行動あるのみ!ということでまずは植えてみたい秋じゃがいも大根なんかを育ててみようと思ってます。

 

今後アップしていきますのでお楽しみに!