賃貸アパートと日々の生活

家庭菜園好きなワーママです。ベランダ菜園も好きです。

テレビのない育児はどうなのか?実際にやってみて感じたメリット・デメリット

おはようございます。

子供が産まれてから、見ているテレビ番組は

教育番組くらいで、子どもが寝るとスマホを

見てテレビ番組を見る頻度が少ないので

テレビを捨てました。

テレビがなくなり気づいた、

メリット、デメリットを考察していきます。

f:id:nani7:20190310132347j:plain

テレビがない生活のメリット

NHKの受信料を払わなくていい

NHKに払う料金は年間24770円。

https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/about_3.html

月々2000円程度の出費になることを考えると、

大きな出費になります。

今はネットチャンネルで色々見れますし、

見たい番組があればそのつど番組を購入して

見るのもありかと思います。

ちなみにNHKをやめる手続きについては、

買い取り業者にテレビを引き取ってもらったという証明書を発行してもらい、

NHKに連絡をして必要書類を郵送したら

手続き完了です。

年間契約だったので、残りの月の差額を

返金してもらえたのでとても良心的です。

子供が集中しておもちゃで遊ぶようになった

f:id:nani7:20190314134805j:plain

ブロックや積み木、パズルなどで集中して

遊ぶようになりました。

長いと2時間くらいブロックで創作活動を

したりと、テレビがなくなり自主的に

遊ぶことが増えました。

今まではテレビがあると家に帰ると子供は

真っ先にテレビのリモコンを探して

テレビをつけていたので大きな変化です。

テレビがないと自然と絵本を読む頻度も

増えますし、育児にはいい環境ではないかと

思います。

テレビの情報に左右されなくなる

常にテレビから情報を受ける生活を

していたので、いつも何かを消費しなければ

いけない、人気の場所に行きたい!など

テレビの情報を中心に行動していました。

テレビを見なくなったことで、ここに行きた

い!あれがほしい!と感じることがなくなり、

テレビの情報に気持ちが左右されることが

なくなりました。

ほしい情報は自分からインターネットで

取りにいくので、情報で溢れている環境もなく

心もスッキリしました。情報の断捨離ですね。

テレビがない生活のデメリット

子供が邪魔して家事ができない

子供が自宅に帰ってきたら、

ごはんを作りたのですが、

テレビという逃げ道がないので、

子どもが足元にやってきて

「遊ぼ~!」と誘ってきます。

遊んであげたいけど、家事がある。

それが結構ストレスですがこういう時は

タブレットで幼児番組を見せてます。

テレビと同じじゃん!と思うかも

しれませんが、タブレットなら見終わったら

しまうことができまし、テレビのように

常にタブレットが目の前にあるわけでは

ないので気持ちを切り替えることができます。

流行りや時事に疎くなる

テレビからの情報がないので、

積極的に情報を探さないと世の中で

起きていることがよくわからなくなります。

流行りや時事がわかるように、

ネットニュースやツイッターなんかの情報は

意識的にチェックするようにしてます。

スマホばかりいじるようになる

親がスマホばかり触っているので、

子どもも「見せて~」と言います。

なるべく家族でいる時は一緒に遊ぶように

しなければいけないと感じてます。

まとめ

テレビがない生活にだいぶ慣れてきたので、

今のところ問題なしです。

子供が家で創造的な遊びを長時間できるように

なったので、集中力を高めるためには

テレビがない環境はとてもいいと思います。

しかし親としては子供と一緒に

行動しなければいけない時間が多くなり、

家事ができないなど大変さはあります。

タブレットを購入して育児の逃げ道を作って

おくことも必要だと思いました。

あとは今後、子供が友達との話題について

いけないとかわいそうなので、

もしも子供が「テレビのこの番組を見たい!」と言い出したらそれはその時にまた

考えたいなぁと思っています。